カートCart マイページMyPage ご案内Information ご質問Questions お客様の声Voices サイトマップSiteMap
RSS
 

(K-4-3-1)みつお君のサツマイモ「コガネニンジン」3kg鹿児島県指宿市田畑光裕様出品「健康・最高・アスリート志向!」九州ブランドの逸材です!

(K-4-3-1)みつお君のサツマイモ「コガネニンジン」3kg鹿児島県指宿市田畑光裕様出品「健康・最高・アスリート志向!」九州ブランドの逸材です!

販売期間:
2018年09月01日00時00分〜
2018年12月31日22時59分
メーカー:産地:鹿児島県指宿市、生産者:田畑光裕
型番:tabataimo-koganeninjin3kg
価格:

3,580円 (税抜 3,314円、税 266円)

[ポイント還元 35ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら The details about the returned goods are this place
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

■ 商品説明

健康・最高・アスリート志向!九州ブランドの逸材です!

■ 商品仕様

製品名みつお君のおいも「コガネニンジン」3kg
型番tabataimo-koganeninjin3kg
メーカー産地:鹿児島県指宿市、生産者:田畑光裕
製造年2018年
製品重量3kg



薩摩のサツマイモの登場です。品種は「コガネニンジン」。中を切るとニンジン色が特徴のサツマイモです。年間を通じ「露地栽培反収」(単位面積当たりの収穫量)が「日本でトップ5」に入るほど肥沃な「指宿市山川(いぶすきしやまがわ)」という土地で減農薬栽培されました。「ヤラピン成分の多い秀逸なサツマイモ」です。親子四代のご家族に愛情たっぷり注がれて育ちました。常温便でお送りします。



驚くのは、畑の土壌から「残留農薬が検出されないという現実」です。写真が証拠です。260もの農薬成分調査がされましたが毎年検出されていません。なぜ、減農薬栽培(除草剤は一回だけ使用、害虫よけの葉面散布剤は『木酢』という本来農薬とは言わない安全な液体を使用)なのに土壌から残留農薬が検出されないのか?木酢は農薬とは言えないので関係ないと思いますが、1回のみ散布の除草剤などは以下のような理由から「土壌から消えている」としか考えられません。



つまり「土が生きており強いから」です。では、土の生命力を高め、地力を強くするための田畑さんの創意工夫は何か?それは、毎年、土に緑肥である「カラシナ」や魚骨粉や海藻を鋤(す)き込んで、ミネラル豊富な土壌に仕上げていることです。畑の土は、開聞岳という火山の恵みであるミネラル豊富な火山性礫土(水はけがすこぶる良く根が広がりやすい・サツマイモは根です)です。そのうえ、台風による海水(黒潮)のしぶきを浴び続ける歴史を経て作られた土壌は病害虫に強い土壌です。そこに、今申し上げた「鋤き込み」を、なんと1990年から継続しているのです。土が活性化され強いのは当たり前のような気がしませんか?



また、サツマイモに撒かれる水が魅力的です。昭和60年の大灌漑工事以来、なんと直線距離で約10km離れた「池田湖」(九州最大の湖で『イッシー』の噂のある淡水湖)の水を灌水してるのです。「地元の農作物には地元の淡水」がもっとも適しているのは間違いないと思います。そして、サツマイモの成長過程で「苗の段階の栽培からこだわっていること」が大きい。冬、ハウスで丁寧に育てられたサツマイモの苗が秋には親(おいも)となって田畑さんを報いてくれるのです。さらに、うね幅が110センチ(他の農家の平均は90cm)と広く、盛り土を固くさせないために土表面にはマルチを張り、なんとも贅沢に育てられているので「形も良い」のです。さらに、収穫後の管理も素晴らしい。なんと、倉庫には温度計が8個もあります。サツマイモは温度管理が命なので、こんなに目を掛けてくれていることにサツマイモたちはきっと大喜びでしょう。



保存方法は常温保存でお願いします。サツマイモは「寒さに弱い」作物です。基本的に「摂氏10度以下にはするな」(一般論)と言われております。ですが、実は、寒さに弱いサツマイモは「収穫時期が遅れた老人期の(弱い)サツマイモ」です。ここで収穫されたサツマイモは全て人間でいえば20歳代から30歳代の若々しいものなので、結構寒さに強く長持ちするのも自慢です。



こんなに創意工夫あふれた栽培方法で育てられたサツマイモです。是非この機会にお買い求めください。

(K-4-3-1)みつお君のサツマイモ「コガネニンジン」3kg鹿児島県指宿市田畑光裕様出品「健康・最高・アスリート志向!」九州ブランドの逸材です!

販売期間:
2018年09月01日00時00分〜
2018年12月31日22時59分
メーカー:産地:鹿児島県指宿市、生産者:田畑光裕
型番:tabataimo-koganeninjin3kg
価格:

3,580円 (税抜 3,314円、税 266円)

[ポイント還元 35ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら The details about the returned goods are this place
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ



Satsuma's Satsumaimoes hit the streets! (Sweet-potatoes in Satsuma-peninsula are coming up!) The kind is Koganeninjin. It's a sweet-potato which inner color is orange like a carrot. It is cultivated in the area called "Yamagawa in Ibusuki-City", which is one of "the best 5 fertile field areaes in Japan" as of "yield amount per acre by open culture". It is "an excellent sweet potato having much jalapin ingredients". It was brought up with much love of three-generation family. They will deliver you by chilled service.



The surprised thing is "a reality that any residue-prone agricultural chemicals are not detected" from the soil of the field. The photo is a proof. When as much as 260 Pesticide-ingredient-investigations were executed, nothing was detected every year. Why no residue-prone agricultural chemicals are detected from the soil though it is decrease pesticide cultivation (only one usage of weed-killers, as for leaf-side antiseptic dusting powders against insect pests, they use just a safe liquid we can not call it pesticide called "wood vinegar")? Although I think that the wood vinegar has no association because it should not be called pesticides, I just think that any weed-killers they sprinkle only once were "disappeared from the soil" based on the next reason.



That's to say "because the soil is alive". Then, what is Mr.Tabata's originality and ingenuity in order to make the soil's power strong? It is that they plow under the soil with "mustard-plants" and fish bone manure and the seaweed, and finish it the mineral-rich soil every year. The soil of the field is mineral-riched and blessed volcanicity clay (drainage is very good, and roots are easy to open, the sweet potato is root) of a volcano called Mt.Kaimon-Dake. The soil made through the history of continuance being exposed to spray of the seawater (the Kuroshio Current) by typhoons is strong against insects causing damage to crops. Besides, they continue "prowing down (furrowing)" from 1990 as I said now. Do you feel natural that the soil is activated and strong, don't you?



In addition, the water sprinkled on the sweet potatoes is attractive. Since great irrigation construction in 1985, they continue to irrigate "Ikeda lake's water" where was about 10km straight line in distance from there. (Ikeda-Lake is the largest fresh-water lake in Kyushu, and has a rumor of "Isshie"). I think that it is certain that "local fresh water is suitable most to the local farm products". Still, their originality and ingenuityon of "a persistency about the cultivation of the seedling stage" on the growth process of the sweet potatoes is important. The seedlings of a sweet potato brought up carefully by them in green-houses in winter become parents (sweet-potatoes) and reward Tabata family in autumn. Furthermore, furrow width is wide as much as 110 centimeters (the average of other farmhouses' 90cm), they set up multies on the soil surface in order not to make hill harden. So, their shape is good because of such luxury cultivation methods. And still, their management after harvest is excellent, too. You know what, there are eight thermometers in their warehouse. Because temperature management is very impotant for sweet-potatoes' life, they would be delight so much by their caring.



As for the preservation method, please by room-temperature preservation. The sweet potato is a crop which is "vulnerable to cold". "Do not make it be in less than 10 degrees centigrade" (generalization), commonly said. But, in fact, the sweet potato which is vulnerable to cold "is the one in geriatric period that passed up the havesting age and was delayed (weak)". Because sweet potatoes harvested here is entirely youthful ones from 20's to 30's if I liken them to human beings, It is their merits that they can resist the coldness tolerably, and can last a long time comparatively.



These are the sweet-potatoes cultivated by such an originality and ingenuity. Please have a shopping them in this chance.

(K-4-3-1)みつお君のサツマイモ「コガネニンジン」3kg鹿児島県指宿市田畑光裕様出品「健康・最高・アスリート志向!」九州ブランドの逸材です!

販売期間:
2018年09月01日00時00分〜
2018年12月31日22時59分
メーカー:産地:鹿児島県指宿市、生産者:田畑光裕
型番:tabataimo-koganeninjin3kg
価格:

3,580円 (税抜 3,314円、税 266円)

[ポイント還元 35ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら The details about the returned goods are this place
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

ページトップへ